4月18日

本日は愛息ガブさんの誕生日です。
無事13歳の誕生日を迎えることが出来たことを心から嬉しく有難く思います。

久しぶりの記事でございます。
あまりにも久しぶりの記事なので、ブログの保守用IDを忘れていたくらいです。
過去の記事を見返したら3つ前の記事が1年前の誕生日の記事でした。つまり1年間に3つしか記事を書かなかったのですね。
ページをちょこっとスクロールしたら1年前の記事が現れるブログってのも、過去との対比が容易にできて素晴らしいと思いませんか?

冗談はさておき。

昨年の年末あたりから怒涛のような忙しさ(もちろん仕事です)に巻き込まれ、それが年度末にようやくひと段落しました。
この間、あまりかまってあげられなくてガブさんにもだいぶ寂しい思いをさせました。ごめんね。
夜遅く帰るとさすがに寝ています。耳も遠くなったから玄関を開ける音にも気づきません。
爆睡している傍にそーっと近づいて耳元でふーっと息を吹きかけると、ようやく気づいて寝ぼけまなこで尻尾を一生懸命フリフリしてくれます。

忙しい中での一番のコミュニケーションタイムは出勤前のお散歩。
ガブさんと会話しながら歩くんだけど、冬の5時過ぎってまだ暗くて会う人もまばら。不審がられることはありません。
およそ30分間、うんこの硬さや色、回数、歩き方や草を欲しがるか否かなどガブさんの体調も推し量れます。
そしてその後のお食事タイム。
超がつく食いしん坊なので食事を欲しがらないことはまず無いのだけれど、出した食事に手を(いや口を)つけようとしないことが一度ありました。
普段のがっつきぶりがあるだけに、とても心配です。
このときは彼の悪癖(=拾い食い)で何かへんな物を食べたようで2~3日下痢が続きましたが、じきに自然治癒しました。

持病の心臓病は悪化の兆候はまったく無く、毎月通う定期診察でセンセのコメントはいつも一緒。
「ハイ、変わりなく大丈夫ですね。今のままのクスリを続けましょう」

13歳にもなって、しかも心臓病にも負けず変わらず元気なことは、彼の幼少期~青年期の過ごし方と無縁じゃないのだろうかと最近良く考えます。
犬なら誰でも一緒だろうけど、フリスビーやらボール遊びが大好きで良くやりました。
ハンパなくよく走った。走りすぎて心臓が口から飛び出そうなくらいハアハアいってても、投げるとまた取りに走った。
思い返すとかなりハードな遊びをしていたのですが、この遊びで体が丈夫に育ったのかなとも思うのです。

いづれにせよ、変わりないことは平凡だけど素晴らしいことで、このまま永遠に続いてほしいといつも思うのです。

G・Wには、久しぶりに彼の大好きなクルマに乗せて遊びにつれていきたいと思ってます。
この報告は・・・また1年後かな?

Dsc_0212

お正月。おすましさん

Dsc_0306

ほんとに良く寝ます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日韓戦 快勝!

いやーっ、気持ちいいっすーっ!
韓国相手に3-0。完膚なきまでに叩きのめした試合だった。
期待を裏切ってというか、夢として思い描いていた試合をしてくれたぞ。
日本と韓国はいつもお互いの意地がぶつかりあい、通常の国際親善試合とは明らかにムードが違う。
過去もそうだったし、今日もそう簡単には試合が決まらないと思っていた。(その緊張感が楽しいんだけどね)
本当は3-0とかぶっちぎりの勝ち方をしてほしいんだけど、無理だろうな~みたいな・・・
今日はそんなもろもろを楽しみに「速攻帰宅」&「速攻シャワー」&「速攻ビール+おつまみ準備」したのだ!(なんじゃ、それ)

試合は開始直後からめずらしく日本が積極的に攻めたが、決めきれずに攻めさせられているみたいないや~なムードがしていた。
「ああ、やっぱりそう簡単にはいかないんだ」

そんな中で香川の先制点。ゴール前でボールが遊びかけたところを素早く蹴りこんだ。
ややもすると自分が十分な体勢にもっていこうとしてチャンスを失ってしまいがちな場面。
どさくさで入った点のようにも見えたが、VTRを見たら冷静にしかも迷わず足を振りぬくプレーの素早さにうなってしまった。
コイツはやはりスゴイ子なのかもしれない。

その後、後半の早い時間に本田がゴールすると、そこからはもう韓国を相手にしているという試合ではなかった。
点を取り返しに前がかりになる韓国をあざわらうかのように、好き勝手にパスを回して決定機を作りまくる。
特に本田と香川のコンビネーションはすばらしかった。
お互いに韓国を完全に見下ろしてプレーしているというか、自信にあふれた態度は今までの日本人プレーヤーになかったもので頼もしさを感じたものだ。

終盤に何度か決定機を作られたが、相手のミスに救われた。でも試合は完全に支配していたし、韓国に与えたダメージは大きかったはずだ。
この秋から始まるワールドカップ予選で韓国が日本の背中を追うという構図は確固たるものになった。

「おいおい、勘違いすんなよ アジアNO.1はおれっちなんだぜ!」ってことだよね。

じゃ、そういうことで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キャバリア・ガブの日常~ちょっと遅めの衣替え

ご無沙汰しております。
今年は気合を入れて記事をアップしていこうと年初に誓ってから、早6ヶ月が過ぎようとしています。
が・・・ペースあがってませんなぁ(苦笑)

さて、一昨日は半年振りのトリミングでガブさんスッキリしてきました。
まずはこれが使用前。

Dsc_0059

(むさっ)

Dsc_0069

(ふてぶてしいとはこういう顔のことをいう。なにか不満でもあるのか!)

で、これが使用後。超サマーカットですうっ!!!

Dsc_0091

(若返った感じがする!)

Dsc_0098

(でも喉元のたるみは嘘をつかない)

ここ2年ほど獣医さんのところでトリミングをお願いしてるのですが、人気があるんだか仕事量をセーブしてるんだか分からんが、とにかく予約がとれない。
GW明けにTELしたら、1ヵ月後くらいがようやく予約できました。
ところが、その予約日の前日になってガブさんの目が充血してトリミングをキャンセル。
再度予約しなおしたら、さらに2週間後の一昨日になったという顛末です。

関東地方は3日ほど前から夏の暑さになってきたので、ここで分厚い毛皮をとる事ができてよかったです。
抜け毛が少なくなって掃除が楽になるからおいらもハッピーです。本当はこれが一番助かるのだ。うひひひひ

今年の夏は節電モードですが、心臓病を抱える犬に暑さは大敵。額面どおりにエアコンカットをするわけにもいかず、悩ましいところだね。
じゃ、そういうことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12年目のお付き合い

世間では、ここ1ヶ月ちょいの間にいろいろ大変なことが起きました。そして今もそれは進行形です。
災害の記事や写真は、確実に何かを人の心に訴えかけてきます。
触れるたびに、正体不明の感情が俺の心を揺さぶって、ところかまわず涙がこみ上げてくるのです。
こんなとき、電車の窓際で上を向いちゃったりしながら、♪上を向いて歩こう涙がこぼれないように♪ってこういうことなのかいな?なんて思ったりして・・・
50過ぎのオヤジがさ。

二次災害である原発の災害はいまだに収束の見込みが立たないし、それに伴う電力不足は社会生活や経済に深刻なダメージを与えています。
エネルギー政策、経済成長ありきの考え方、首都機能の分散など国のあり方そのものを大きく変えざるを得ないでしょう。
必然的に国民の価値観にも影響がでそうですね。
いろいろ不便になるでしょうが、ここでやらないと仕方のないことですから、政府には思い切って新しい日本をデザインしてほしいです。
経済成長最優先から、普遍的価値観をもった新しいモデルの国家に生まれ変わってほしい。
設計図をきちんと提示すれば、ニッポンの国民はきっと受け入れるに違いありません。

・・・久々に記事を書いたら、あらら、思いのほか真面目な話になっちゃって恥ずかしいです(^^;
ここからは、いつもの俗っぽいお話にしましょう。

今日はガブさん12歳の誕生日です。
どんなに世間が騒がしくても、月日はめぐって誕生日はくるのです。

人気者の彼は各方面からプレゼント(食べ物ばっかり!)をもらっておりますが、ガブさん自身誕生日とかプレゼントは理解してません。
最近、豪華なお食事やグレードアップしたおやつが出るようになって、ただ単純にウハウハ食していますね。

F1000594_2

この写真は昨日の写真。
俺がお出かけするので、数種類のおやつを玄関に置いてバイバイの挨拶をしたところ、彼は匂いを嗅いで一番美味しそうなヤツをまず咥えました。
硬いオヤツなので直ぐにはそしゃくできません。
卑しい彼は、このまま足元にある別のオヤツも咥えようとしました(!)が、当然のことながら無理です。

笑ってしまうのは、その後。
咥えている一番のお気に入りを自分のハウスに置きにいって、また戻ってきました。で、二番目にお気に入りのモノを咥えると、それも自分のハウスに持って行って、それきり戻ってきませんでした。おーい

俺がお出かけするってーのに、どういうことなんでしょうか?
まさにオヤツ命なんですよね。

こんな何気ないことで癒してくれる彼には、いくら感謝してもしきれないです。
彼との12年目の付き合いが今日から、始まります。

じゃ、そういうことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

に・く・き・ゅ・う

最近、やらねばやらねばと思いつつ、ついほったらかしにしてたこと。
ブログの更新?(笑)じゃなくって、ガブさんの足の毛をカットすること。

前回トリミングしたのが年末ですから、かれこれ2ヶ月。
これくらい経ちますと順調に生育した毛はこんな感じになっちゃいます。

F1000510 F1000512

ぼーぼーです。我が家ではこれをモップと呼んでいます。
笑いで終わればよいのですが、毛が肉球をじゃまして家の階段の昇り降りなどにも支障をきたしかねません。
コケて怪我でもされちゃうと、苦しい財政をさらに圧迫しかねないのでカットしてあげることにしました。
ただ、もったいないので外注はしません。犬用バリカンでわたくしが施術します。

先週の土曜日。横浜では雪のあとの晴れ間が広がりました。
手術台(=窓際においた縁台です)に直射日光があたる時間を選んで床屋さんの支度をはじめました。カットした毛がつかないようにレインウエアを着込みます。
これを着ると何かを察知するのでしょうね、ガブさんはそわそわ、私が手招きしても逃げ回ります。
逃げ回るガブさんを捕まえたら、後ろから羽交い絞めにして手首(足首)をつかんでカット開始。
この体勢になるとさすがにガブさんは諦めて脱力します。

想像してみて!
午後のやわらかい日差しの中で身をあずけて散髪してもらったら、人間でも気持ちいいとおもいませんか?
ガブさんも肉球の間にバリカンをあててあげると、恍惚の表情をうかべてます。
あまりしつこく刈っていると飽きて暴れたりしますけどね。
そして約20分、施術後がこれ。

F1000515 F1000513

に・く・き・ゅ・う
触ると・・・うわぁ~気持ちいい。俺が気持ちよがってどうするの?ってか

じゃ、そういうことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラスト「雪うさぎとガブ」

賀正

昨年は(昨年だけじゃありませんが)思うように筆が進まず更新が滞りまくりでした。
で、今年は年始から一発かまして気合を入れていこうと思っている次第です。ふんっ!

2011

これは今年の年賀状用に描いたイラスト。アイデアが全く浮かばずに、暮れの28日あたりになって駆け込みで描いたものです。
llustratorであれこれ構図や色をいじっていたら出来たというパターンで、時間にしたら2時間くらいかな。
主人公のガブさんはさすがに白いものが目立ってきたものの、元気いっぱいでとても11歳の病気持ちには見えないでしょう。

ついさっき終わった紅白では、桑田さんが元気な歌声を聴かせてくれたのが、おいらたちの世代にはうれしいかぎりです。
おいらも、ガブさんも健康第一で今年一年を過ごしてまいりたいと思います。

じゃ、そういうことで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イラスト「○○○を舐めるガブ」

Omata_4

休憩時間中になんとなく出来たイラスト。llustratorで20分くらい。

ガブさんはときどき、自分の○○○を自分で舐めてます。
あーうらやましい。じゃなくて。

あそこをキレイにしてるんだと思いますが、よく体がつったりしないものだと感心します。
俺にはとても真似できない。(当たり前だ)
その姿は愛らしいのですが、同じ口でディープキスなどをされたりしてるわけで・・・おえ。

断っておきますが、当ブログは決してエロブログになったわけではありません。
じゃ、そういうことで。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

サークルロック取付

前回の続きです。(ほぼ同時にアップして、2回に分ける意味があったのだろうか?)
それはさておき、今回はサークルロックの取付の模様を画像つきでお届けします。

購入したモノはこんな感じです。

F1000483
(袋をひっぺがしてしまった後)

金具類はなにもついてません。ただ、自分で取り付けるといったらGIANTショップのにーちゃんが、ワッシャーをふたつくれました。

GORINのサークル錠に比べると薄いし軽い。
鍵としての性能はやや劣るけど、スポーツ車にとりつけるのだから良しとしましょう。
用意するのは六角レンチだけです。

F1000482
(施工前)

六角レンチでブレーキを固定しているボルトをうんせうんせと外します。けっこう硬かった。

F1000484
(ブレーキを固定しているボルトをはずしたところ)

この状態から、ワッシャーをひとつかませてサークルロックを乗せて、再度ボルトを六角レンチで締め付けると出来上がり。

F1000486 F1000487
(施工後)

施工10分。か~んたんです。
ママチャリっぽくなりましたが、機能性を重んじるから関係なし。

じゃ、そういうことで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サークルロック購入

最近とんとご無沙汰の自転車ネタです。
ESCAPE R3の場合、錠はついていないので大多数の人がワイヤー錠などのお世話になっていると思います。
でもこのワイヤー錠ってけっこう面倒くさい。
まず、持ち運びが面倒。自分の場合はかなりコンパクトなやつなのでハンドルにぶら下げてますが、大振りなヤツは皆さんいろいろ工夫されているようです。
加えて施錠・開錠が面倒。

①ワイヤー錠とキーを取り出して
②キーでワイヤー錠のロックを解除する
③ワイヤーをホイールなどに通して
④キーで施錠する
⑤キーをしまう

こんなことを毎回儀式のように繰り返さなければならない。
忙しい朝、駐輪場にとめてからこれをやっていると、ママチャリの人が「輪っかの形をしたロック」をパパッとやっているのをとてもうらやましく思ったりする。
でも、あれってシートステーに直接留めてあるから、R3のようにVブレーキがついている自転車にはつけられないと最初からあきらめていたんです。

それが先日、インターネットで調べてたらサークル錠とかサークルロックと言われるものであり、ESCAPE R3に取り付けられそうなモノがあることも判明しました。
Vブレーキをシートステーに固定するネジを使って、ブレーキに被せるように取り付けるらしい。
さらに調べると、ESCAPEのRシリーズ用にGIANTから純正のサークルロックが販売されていることも判明!
さっそくそのページを印刷して会社の近くの自転車屋さんにかけこみました。

するとそこのオヤジ曰く。
「あー、それねー、それは在庫してないけど、これと作りは同じだよ。こっちのほうが頑丈だ」
といって見せてくれたのがGORINというメーカーのサークル錠、¥2,100なり。

それを手にとってみると、ズッシリ!お、重い。たしかに頑丈だわ、これは・・・
あまりのゴツさに完全に引いている様子を見てオヤジは続ける。

「GIANTのヤツも取り寄せはできるけど、うちで取り寄せると送料がかかって倍くらいになっちゃう。
二子玉川にGIANTショップがあるから、そこまで足伸ばして買ったほうがいいよ。在庫があればだけどね」

・・・商売っ気ないなー(笑)
っていうかこのオヤジ無愛想だけど、いいとこあるじゃん。

しかし二子玉川にGIANTショップがあるってのは初耳だ。聞けば今年の夏にオープンしたばかりらしい。
おおよその場所を聞いてオヤジに礼を言ってGIANTショップに足を向けた。

GIANTショップは二子橋の付け根っちゅーか、となりっちゅーか、説明しにくい場所にあった。
「二子玉川駅のホームと二子橋の間にちょーど挟まっている」という自転車屋のオヤジの説明もわけがわからんかったけど、着いてみると間違いではないなという場所だ。
で、その店でめでたく純正のサークルロックを買うことができたというお話。
値段は1680円。

取付は次回のブログで。
(おいおい、もったいぶるんじゃねーよ、このブログで次回って一ヵ月後かい!)

じゃ、そういうことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば秋

ひさしぶりの記事でございます。

この夏はとにかく異常な暑さが続いて、スタミナ無尽蔵のおいらもかなり体力的に参ってしまいました。
(とかいいつつも、毎週のようにテニスしてましたけどね。あははは)
珍しく仕事が忙しくて、なかなか記事を書くことができませんでしたが、ようやくひと段落し気が付けば秋らしい陽気になってきたなという感じです。
ほったらかしの我がブログを見ると、1ヶ月以上前の記事がTOPページを飾っている有様。
さすがになんとかせにゃと思い、筆をとりました。

ちなみにひとつ前の記事で「酒はミステリー」なんてタイトルをつけましたが、読み返してみるとミステリーなのは酒じゃなくて俺自身ですね、間違いなく。

・・・と書き始めたものの、あまりに久しぶりすぎて何を書いていいのやらわかりません。
ブログってなんだっけ?ここはどこ?わたしはだれ?

とりあえずリハビリを兼ねて、ガブさんの近況報告でもしときますかね。
こやつ、おいらが暑さにバテバテになっている時期も毎日エアコンの効いた涼しいお部屋でお留守番任務を全うし、元気いっぱいに夏を乗り切りました。
(俺はエアコンの効かない部屋で仕事してるっていうのに!)
暑さで心配だった心臓病も幸運なことに悪化の気配はないです。
痒みのためすねのあたりをよく自分で噛むので、そこだけ毛が薄くなっておりますが、もともと貧毛なので目立ちません。

久々のガブ画像、ご覧くださいませ。

F1000451

(ねこさん)

F1000450

(ねこさん発見)

F1000446

(動じないねこ)

F1000458

(ハヒ顔)

F1000459

(なさけない顔

F1000460

(驚き顔)

F1000461

(後頭部)

F1000462

(リラックス)

以上です。

P.S.サッカー韓国戦スコアレスドローで終了。面白い試合でしたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«酒はミステリー